SOYSOY 沖縄

【沖縄】クッキーなどのお菓子販売をしたい方もチェック!おいしい風味のクッキーの作り方や種類

【沖縄】クッキーなどのお菓子販売をしたい方もチェック!おいしい風味のクッキーの作り方や種類

将来お菓子販売をしたい方もチェック!クッキーのレシピや基本道具

沖縄で将来お菓子販売をしたい、趣味としてクッキー作りを楽しみたいと考えている方はいらっしゃいますか?

おいしいクッキーを作るためには、まずは基本のレシピを押さえておくことが大切です。どのようなバリエーションのクッキーを作る場合でも、基本的には同じ材料の分量を変えたり、そこに別の材料を加えたりして作ることが多いからです。

こちらでは、クッキー作りの基本的なレシピや、クッキー作りに必要な材料・道具についてご紹介いたします。基本を押さえた上で、自分なりのレシピやプラスアルファの材料を考えていくと、クッキー作りをより楽しめるでしょう。

作り方

How to make a cake

クッキーは小さくて、いつでもどこでも食べやすく、大人数で分け合うにも適したお菓子です。また、手土産にも最適なお菓子だと言えるでしょう。もちろん市販のクッキーもおいしいですが、自分の手作りクッキーなら好みのものが作れるのでおすすめです。自分でクッキーを作れるようになると、好きなタイミングで作って食べられるだけでなく、日常の様々なシーンで活用できるので便利だと言えるでしょう。

クッキーの基本的な材料は、以下のとおりです。

  • バター:80g
  • 砂糖:40g
  • 卵:1/2
  • 薄力粉:100g

クッキーを作る基本的な手順は、以下のとおりです。

  • オーブンを170℃まで温めておく
  • 室温に戻したバターに砂糖を入れ、バターが白くなるまで混ぜる
  • 卵を入れてなじむまで混ぜる
  • 薄力粉をふるいながら入れ、ゴムベラで切るように混ぜる
  • 好きな形に型等で成形し、170℃のオーブンで15分焼く
  • 焼けたら網の上に移し、水分を飛ばしながら冷まして完成

上記は、シンプルなタイプのクッキーの作り方です。焼いている途中で表面や側面にムラができ始めたら、オーブンを開けて素早く天板を反転させましょう。実際にオーブンで焼く時間は、クッキーのサイズやオーブンの大きさ、天板のサイズによって異なります。上記は目安として、最適な時間を見つけていくとよいでしょう。

クッキー作りは一見簡単そうに見えますが、実際に作ってみると、うまくいかないことも多いのです。そのような場合、下記のようなひと工夫を加えることで、上手に作ることができるようになります。ぜひ試してみてください。

  • バターは常温に戻さず冷たいまま使うと風味が立つ
  • 薄力粉にアーモンドパウダーを入れると油分の効果でホロホロとした食感になる
  • 生地をこね過ぎると失敗しやすくなる

生地をあまり触り過ぎると失敗しますので、混ぜる時間はなるべく短く意識することが大切です。また、フードプロセッサーを使うと、冷たいバターを使っても充分に生地を混ぜることができるだけでなく、時間がかからないので、試してみることをおすすめします。

材料と基本の道具

Materials and basic tools

クッキー作りに使われる基本的な材料は、以下のとおりです。

  • 小麦粉(薄力粉)
  • 砂糖
  • バター

クッキーを作る際に用いる小麦粉は、基本的に薄力粉です。エクリチュールやシュクレなど、銘柄にこだわってみると、また味わいが変わります。砂糖も種類によって味が変わりますが、グラニュー糖や粉糖などを使うと、より滑らかな生地に仕上がるでしょう。

クッキー作りで使うバターは、基本的に無塩バターです。もしクッキーに塩気を入れたい場合でも無塩バターを使って、別途塩を加えるようにしましょう。卵は全卵、卵白のみ、卵黄のみのいずれを使用するかによって、仕上がりに大きな違いが出ます。

上記の材料の比率を変えるだけで、様々なタイプのクッキーを作ることが可能です。薄力粉、バター、砂糖、卵の順に多く使うのが基本ですが、バターを少なめにしたり、薄力粉を少なめにしたりすることによって仕上がりに変化が出せるため、先ほどご紹介したシンプルレシピを参考に、増減を試してみてはいかがでしょうか。

また、お好みで以下の材料を加えてみると、焼き上がりや風味などが変わるため、ぜひ試してみてください。

  • アーモンドパウダー:薄力粉の1~3割程度を置き換え
  • ストロベリーパウダー:薄力粉の1~1.5割程度を置き換え
  • チョコチップ:薄力粉の1~1.5割程度を置き換え
  • ココア:薄力粉の1~1.5割程度を置き換え
  • 抹茶:薄力粉の0.5割程度を置き換え
  • ナッツなど:一度オーブンで焼いてから生地に混ぜ込む

さらに、クッキー作りには以下のような道具を用います。

  • 粉ふるい
  • ボウル
  • 泡立て器
  • ゴムベラ
  • 量り(デジタルがベスト)
  • オーブンシート
  • 焼き上がりのクッキーを冷ますための網

作りたいクッキーの種類によっても、必要な道具は異なります。必要なものを調べることもクッキーづくりの楽しみの一つですから、色々試行錯誤しながらクッキー作りを進めることをおすすめします。

おすすめの風味のクッキーは?

一口にクッキーと言っても、材料や成形の方法などによって様々な種類があります。特に成形の仕方によっていくつかの種類に分けることができるので、整理しておくとわかりやすいでしょう。

また、おいしいクッキーをなるべく長期間楽しめるようにするためには、保存方法に気を配ることも大切です。

こちらでは、クッキーの基本的な種類や、クッキーの適切な保存方法について詳しくご紹介いたします。

種類

type

クッキーには、大きく分けて下記の4種類があります。

  • 絞り出しタイプ
  • 型抜きタイプ
  • 手や道具を使って成形するタイプ
  • 切って作るタイプ

絞り出しタイプは、絞り袋で絞り出した生地を焼くタイプのクッキーです。バターや卵の量が多いクッキーが多数派で、柔らかい食感を楽しむことができます。ラングドシャやメレンゲクッキー、サブレやビスキュイなどが絞り出しタイプの代表として挙げられます。

型抜きタイプとは、市販の型を使って生地をくり抜いて焼くタイプのクッキーです。成形しやすいように粉が多めになっていることが多く、家庭で作るクッキーとしては定番だと言えるでしょう。

型抜きタイプのクッキーの例としては、アイシングクッキーやガレットなどが挙げられます。アイシングクッキーとは、卵白と粉糖を混ぜて作ったアイシングクリームで装飾したクッキーのことであり、一方ガレットは、バターのコクと塩気が味わい深いフランスの焼き菓子です。

手や道具を使って成形するタイプには、個性的な形を持つものが数多くあります。例えば、アマレッティやスノーボール、ドロップクッキーなどが挙げられるでしょう。

アマレッティとは、イタリアで生まれたメレンゲ菓子のことであり、スノーボールとは、丸いクッキーに粉砂糖をまぶした可愛らしいクッキーです。また、ドロップクッキーとは、柔らかめの生地をスプーンで落として焼いたクッキーのことを指します。

切って作るタイプのクッキーとは、生地を冷やしたり焼いたりして固めた後に切り、そこから焼いて作るクッキーのことを指します。例としては、アイスボックスクッキーやサブレディアマンなど様々なものが挙げられるでしょう。

アイスボックスクッキーとは、バター多めの生地を冷蔵庫や冷凍庫で固め、薄く切って焼くクッキーです。また、サブレディアマンとは、フランス語で「ダイアモンド」の意味を持ち、クッキーの周りにグラニュー糖がつけられています。

保存方法

preservation method

手作りしたクッキーの賞味期限は種類や材料にもよりますが、基本的に常温の場合、1週間程度だと考えておきましょう。よりおいしく食べるためには、3日程度で早めに食べきることをおすすめします。手作りしたクッキーがあまり日持ちしない理由としては、以下のような点が挙げられます。

  • 水分が含まれているため、腐ってしまう
  • バターなどの油分が酸化・劣化してしまう
  • 焼きが甘いとカビが生える可能性がある

常温で保存する場合は直射日光を避け、なるべく涼しい日陰で保存するようにしましょう。タッパーに乾燥剤とともに入れると、水分による劣化が防げるためよい状態で保存できます。

手作りしたクッキーをなるべく長く保存しておく方法としては、冷蔵保存が挙げられます。常温よりも水分やバターが劣化しにくく、特に夏場の場合より長くクッキーを楽しむことができるでしょう。ただし、冷蔵庫で保存していたクッキーを常温に戻すと結露で湿ってしまう可能性があるため、冷蔵庫から出したら早めに食べることをおすすめします。

また、より長く保存したいのであれば、冷凍保存も一つの方法です。冷凍によってカビの発生や油分の劣化も防止できるため、1か月程度の長期間保存が可能になるでしょう。ただし、冷凍したクッキーを自然解凍すると、結露で湿ってしまいます。自然解凍ではなく、オーブントースターや電子レンジを使って30秒程度温めて解凍することで、表面がサクサクになるのでおすすめです。ただし、あまり長時間温めると焦げてしまうこともあるため、加熱時間には注意してください。

販売・手作り問わずおいしい風味のお菓子を楽しみましょう

クッキーの作り方には様々なバリエーションがありますが、まずは基本の作り方を押さえておくことが大切です。基本的に使う材料や道具も共通していることが多いため、しっかり押さえておきましょう。クッキーは、成形の方法によって4種類に分けられるため、成型方法に沿って整理しておくとわかりやすいです。

また、手作りしたクッキーを長く楽しむために、適切な保存方法を押さえておくことをおすすめします。

沖縄で美味しいクッキー・マフィンを販売するお菓子のお店 SOYSOY

店舗名 SOYSOYCAFE(ソイソイカフェ) 本部町店
サイト名 SOYSOY
住所 〒905-0213 沖縄県国頭郡本部町谷茶10
TEL 0980-43-6003
メールアドレス shop@soysoy.info
営業時間 11:30~17:30
定休日 月曜日
予約ページ https://www.myfunnow.com/jp/branches/3031750689867
URL https://www.soysoy.info/


PAGE TOP